今までになかった生理痛

月経痛(生理痛)はないのが当たり前

 

 

これを伝え続けている私ですが

これまでなかった月経痛がくるということもあるんですよ^^

 

 

まず月経痛の原因として考えられるのはこんな感じ

 

 

  1. プロスタグランジンの過剰分泌
  2. 子宮の発達が未熟
  3. 肉体的・精神的なストレス
  4. 痛みに対する恐怖感
  5. 病気による痛み

(詳細は省きます)

 

 

病気による痛みを除けば

基本的に排卵を伴う月経で起こると考えられているようです

 

 

そう

排卵を伴う月経

 

 

何かが原因で無排卵(排卵しなかった)の場合

月経痛が無いということがあります

 

 

私の経験上

そういうときは子宮内膜も通常より作られないから

経血の色も薄く、量も少ないです

 

 

排卵しないということは

卵巣が疲れているか働いてくれていないということ

 

 

ホルモンケアを

かれこれ3年ほど続けてくれている方が

最近になってこれまでなかった

月経痛があったと伝えてくださいました

 

 

カラダを触ってみても

これまでなかったむくみやコリもでてきている!!

(これ良い兆候)

 

 

いつもより量も多かったと

 

 

絶対ではないですが

これまで働いてくれていなかった卵巣ちゃんが

働き出してくれているのかもしれませんね^^

 

 

 

 

 

こちらの方は3年かかりました

人それぞれペースというものもあるし

それぞれ状況も違います

 

 

でも長い間

ホルモンバランスの乱れをそのままにしておけば

カラダはそれに慣れてしまうので

戻るのに時間がかかるのもわかる気がします

 

 

カラダだけでなくココロ(思考)もそうなのですが

ここでは割愛

 

 

 

なんかおかしいな〜というのを

そのままにしないで

 

 

ご相談いただけますと幸いです

 

 

トリートメント・カウンセリング・女性ホルモンバランスプランナー養成講座のお問い合わせは

▽▽▽

https://umbrella-aroma.com/

言葉の使い方と受け取り方

好きな人から

 

 

「あなたのことを好きになろうとしている。」

 

 

こう言われたとき

二通りの受け取り方があると思います

 

 

  1. 好きになりかけている
  2. 好きになろうと努力している

 

 

好きになろうと努力している

なんかちょっと無理しているのかな?って思いませんか?

 

 

 

でももし相手の言葉が

好きになりかけているだったとしたら…?

 

 

 

 

ヒトはこれまで自身が経験したことの中から

言葉や態度を選び取ると言います

 

 

ヒトに対して

ヒトとはこういうものだと

その人がどう捉えているのか

 

 

ヒトとは本来信頼から始まるのか

ヒトとは本来疑うことから始まるのか

 

 

言葉そのものを自身の価値観で変換してしまう

 

 

そのフィルター(価値観)を取ってみてみると

全く違った景色が観えると言います

 

 

誰かから言われた言葉を

ついついマイナスに受け取ってしまうなら

 

 

マイナスに受け取ってしまった自分に×をつける前に

相手を否定する前に

 

 

どうしてマイナスに受け取ってしまったのかな?

どうしてそんな風に思ってしまったのかな?

 

 

なんて考えてみるのもいいかもしれません^^

 

 

必要な方へ届けば幸いです

 

 

 

トリートメント・カウンセリング・女性ホルモンバランスプランナー養成講座のお問い合わせは

▽▽▽

https://umbrella-aroma.com/

弱さを見せること

長崎県の休業要請が6日までとなりましたので

当サロンは5月7日より営業再開とさせていただきます。

▷▷営業再開のおしらせ

 

 

*****************

 

 

”強くないといけない”

 

 

そう強く思っていたころは

他人に弱さを見せることなんて

ありえませんでした

 

 

誰に対してもそう

 

 

弱さを見せることで

必要とされなくなってしまう

そう思っていた

 

 

味方はいないと思っていたし

ひとりで頑張らないといけないと

思っていた

 

 

でも本当は

不安で不安でたまらなかったし

誰かに助けてほしかったし

できないと言いたかった

 

 

それを

自分でもずっと見ないようにして

蓋をしてしまっていたから

 

 

いつのまにかそれが普通になって

 

 

自分の気持ちさえ

わからない時期がありました

 

 

 

 

「人には役割というのがあるよ」

 

 

そんな風に教えてもらったのは

20歳の時

 

 

意味がわからなかった

 

 

でも37歳になった今は

少しだけわかる気がします

 

 

自分が得意なことをやる

 

 

できないことは相手にお願いする

 

 

相手を信頼する

 

 

裏方が向いていることもある

 

 

そうやって味方はできていくもの

 

 

弱さを見せたほうが

上手くいったりするもの^^

 

 

必要な方へ届けば幸いです。

 

 

トリートメント・カウンセリング・女性ホルモンバランスプランナー養成講座のお問い合わせは

▽▽▽

https://umbrella-aroma.com/